ドローンな日々

フィリピンで、Alibabaを使って中国からXiaomi fimi X8 SE 2020を購入してみたら!?

今回、新しいドローンを購入しました。
Xiaomi fimi X8 SE 2020。
知る人ぞ知るハイコストパフォーマンスドローン。

Xiaomiはスマホで有名な中国のメーカーで、iphoneチックなデザインと高機能格安で売り上げを急激に伸ばしています。ここフィリピンでもぼちぼちとSMモール内等に直営店を出店し始めているので、まだまだ知名度は低いかもしれませんが、中国内ではとても有名なメーカーです。

実は現在フィリピン国内で使用しているスマホはXiaomiなので、その品質の良さは実証済み。
とにかく、コストパフォーマンスが良く、品質も高いので他のスマホメーカーにとっては脅威となるかもしれません。

さて、そのXiaomiが数年前からドローンを開発しています。
ドローンと言えばMavicですが、そのPhantomに迫るようなスペックを、1/3の価格で実現してしまったのが、このXiaomi fimi X8 SE 2020なのです。
そのレビューは次の機会にさせていただくとして、今回は購入にまつわるお話しです。

Xiaomi fimi X8 SE 2020はまだ発売されてまだ間もないということもあり、フィリピンで主流のECサイトShopeeやLazadaでの出品はなく、またあっても価格が高いということで、Alibabaを使って深センから直接購入してみることにしました。
日本では何回か使ってAlibaba。
フィリピンで使うのはもちろん初めて。

リスク分散をさせるために3社に分けて購入してみました。

①Xiaomi fimi X8 SE 2020
②予備用のバッテリー2個
③予備のプロペラなどこまごまとしたオプション品

Alibabaでは、B to Bが中心であり、最低ロットを決めているショップが多いので、小売りをしているショップを中心に価格を比較し、レビューも参照しながら①②③ともオーダー完了。
基本的にクレジット決済なのですが、決済された代金は一旦Alibabaが保持し、間違いなくユーザーが受け取ったという通知をもってお金をリリースするシステムは今ではよくあるパターン。

本当にフィリピンに配達されるのか、かなり不安を抱えつつも物欲には勝てず、①②③とも無事にオーダーを完了させました。

ここで少々手間取ったのは②のバッテリー。
危険物ということで、一般の宅配業者ではなく、それ専用の宅配業者になるということらしい。
ここで問題になったのは、私の居住地タガイタイまで直接配達してくれる宅配業者が見当たらないということ。

結果、マニラ止まりで、宅配業者のWharehouseで引き取ることになりました。

そして、待つこと一週間。

まずは、①の本体がいち早く到着。
宅配業者はFedex。
さすが、有名どころの業者のため、早いし正確。

次に到着したのは③のオプション類。
こちらもFedex。
当初の予定から数日遅れたものの、常に現況を知らせるメールが届き、安心して待つことができました。

さらに待つこと一週間…②のバッテリーがなかなか届きません。
追跡ステータスも更新されず、またその画面が中国語で、いちいち翻訳しながら確認しなければならないこともあり、徐々に募る不安。
最後は、Take Offのまま3日更新されず、これはどこかに埋もれてしまったのではないかと…。
Wharehouseに電話しても中国語でさっぱりわからず。
いよいよこれはまずいかな…と思い始めた矢先、届いたという連絡がショップの担当者からあり、ほっと胸をなでおろしました(笑)

あまり日にちを明けるとまたどこかに行ってしまうかもしれないので(笑)、間髪いれずに翌日マニラのWharehouseに行ってピックアップすることに。

場所はCarriedo。
ここには中華街があり、またマニラの秋葉原といわれる電気街もあるので、結構好きなところ。

土地勘もあるので、アクセスは楽。
比較的簡単に到着し、びっくり仰天!
倉庫または営業所的な(いわゆる大和運輸とは佐川の営業所みたいな)ところと踏んでいたのが大間違い。
古びたビルの4階にあるその薄暗いWharehouseは、ところかまわず荷物や段ボールでちらかり、コロナが蔓延している場所にもかかわらず従業員はマスクもせず、暑く、中国語が飛び交う異様な場所でした。
荷物もとっちらかっており、「本当に見つかるのかよ…」と思いながら待つこと10分。

よーく見ると整理はされているようだが…
フィリピンと中国の合作だとこうなるのか…(笑)

あーら不思議、掃きだめの中から私のバッテリーちゃんを見つけてくれたのです。

そして受け取りに、何らのIDを見せる必要もなく、あっさりと手渡されました。

私のバッテリーちゃん、無事到着!

②のショップは購入までのプロセスにも紆余曲折があり、バッテリーとはいえ宅配業者の選定も悪く、また③のショップからでもバッテリーは購入できるので、次回以降は③から購入することにします。

今考えると、②のショップ担当は宅配料金を安くすることにより、相対的に自分のマージンを大きくしたのではないかと思います。
私の想像ですが、Alibaba内で今回いくつものショップ担当者と話しましたが、どうもひとつの会社で多くの販売担当者を雇い、それぞれに個別のショップ名を名乗らせ、販売させているのではないかと思います。
それぞれが個人業者みたいな感じでしょうか…。
個々に対応が異なり、また価格も微妙に違うので、もしAlibabaを利用する際はチャットを通じてよく相手を吟味することが大切だと感じた次第です。

これで一式揃いました!

とにもかくにも何とかXiaomi fimi X8 SE 2020一式を揃えることが出来た…というお話しでした

Leave a reply

*
*
* (公開されません)