フィリピン生活マニュアル, 入管関係

VISA延長マニュアル2020(with COVID-19)

今回は、COVID-19による「隔離措置」下にあるマニラでの、VISA延長のしかたについて説明します。
今は、特殊な状況なので、この流れがいつまで続くかわかりません。
ただ、9/4の新規感染者数は約3,500人。
まだまだ、続きそうな感じがします。

さて、5月から「強化された隔離措置」により閉鎖されていたイミグレーションのメインオフィスが再開されたものの、ものの一週間で事務所内のスタッフから陽性者が出てしまい、再び閉鎖。
その後、事務所内の殺菌や、全スタッフのPCR検査等を行い、約1週間で再再度業務がスタートとなりました。

したがって現在は、以下の様な流れとなっています。

①予約(日時)②マニラのメインオフィスに行く③申請④支払い⑤VISA受取り(延長完了)

以下、各ステップごとに説明を進めていきます。

①予約(日時)

まず以下のイミグレーション(以下、イミグレと略)のWEBサイトにいき、以下の手順で登録し、ログインします。

https://immigration.gov.ph/

Online Appointmentをクリック
注意事項なのでUNDERSTOODをクリックして先に進みます
Book Onlineをクリック
初めての方はRegisterをクリック
必要事項を入力します
入力しましたらSIGN UPボタンを押します
登録したメールアドレスにメールが送られてきますので、確認用のアドレスをクリックしてアクティベーションを完了させます
これで登録が完了しましたので、ログイン画面からログインし、New Appointmentボタンをクリック
①→②→③の手順で進めます
予約が完了しましたら、DashboardのCREATED TRANSACTIONSボタンをクリックして予約を確認します
予約を選択し、Print AppointmentボタンをクリックするとPDFファイルが開きますので、予約内容を確認しスクリーンショットに残すか、プリントアウトして保存します。予約当日に、イミグレの入り口でガードマンに見せる必要がありますので、保管しておいてください。

②マニラのメインオフィスに行く

マニラのイミグレ・メインオフィスはここにあります。

Magallanes Dr, Intramuros, Manila, 1002 Metro Manila
Direct Line: (+632) 8-547-37-69, Trunk Line Number (+632) 8-465-2400
xinfo@immigration.gov.ph – immigPH@gmail.com – binoc_immigration@hotmail.ph

【交通手段】

少々便の悪い場所にありますので、マニラ中心地からはタクシーで行くことをお勧めします。
バスに乗る場合は「LAWTON」行きのバスにLRT「Pedro Gill」駅前またはパサイのヘリテイジホテル前から乗ることが出来ますので、終点まで行き、そこから徒歩10分程度になります。
電車で行く場合は、LRT1の「Central」駅が最寄になります。
いずれも徒歩でイミグレにアクセスできますが、初めての方には少々わかりづらいかもしれません。
参考までに以下に「LAWTON」「Central」とイミグレとの位置関係を地図上に記しておきますので参考にしてください。

いずれも徒歩10分から15分程度です

③申請

予約時間にイミグレに着きましたら入り口のガードマンに予約時にダウンロードしたPDFを見せると中に入れてくれます。

入りましたらまず32~34番の窓口に行き、カウンターに備え付けてある申請書を取り、必用事項を記入します。
ボールペンは持参した方がいいでしょう。
記入は以下を参考にしてください。

ここでひとつ注意を!
各カウンター前の椅子に座っているひとたちは必ずしも待っているわけではいので、付近に立っているガードマンに必ず最後尾はどこか確認すること。
そうしないと延々と待つことになります。
延長期間は、最初の延長時は1カ月、二回目からは各2ヶ月の延長となります。
また、特急処理を選択しないと、VISA発行までに数日を要し、改めてまたイミグレに来る必用があるので、ここは特急処理にした方が無難。特急料金は1,000ペソとなります。

④支払い

申請時に受け取った書類を持って26~17番の支払い窓口へ行き、書類を提示して支払を済ませます。
支払うと、レシートの裏に支払済みのサインをしてくれます。

⑤VISA受け取り(延長完了)

次に30番の窓口に行き、サイン入りのレシート等を一式手渡します。
混んでいなければ、30分程度で延長VISAが発行されます(実際には申請時に受け取ったレシートにサインをもらうだけ)。
現在は、COVID-19下にあるため、各時間帯ごとに制限人数が限定されており、あまり待つこともないと思います。
以前は数時間待たされることもありましたが、現在はほぼ30分程度で発行されます。
発行時は30番の窓口で名前を呼ばれますので、それまで付近の椅子に座って待つことになります。

ちなみに、出国時の空港では延長期限の入ったサイン入りのレシートを見せることによってイミグレを通過することができます。

いかがでしたか?
今回は、マニラのメインオフィスでの延長手続きを紹介しましたが、いたるところにブランチがあり、微妙にその手順の異なる様子です。が、しかし公的手続きですので、基本的な手順は同じだと思いますのでぜひ参考にしてください。

Leave a reply

*
*
* (公開されません)