フィリピンあるある

突然…

突然…

先日、長雨の影響かインターネットが繋がらなくなってしまった。
WEBプログラマーとして働いている私にとって、インターネットは一番大切な生命線である。

さっそくネット業者に連絡してみると明日中に復旧させる…とのこと。

もちろん、そんなのあてになりません(笑)

毎日毎日、「復旧しない」→「クレーム」→「今日復旧させます」の繰り返し。
しまいにはこっちも頭にきて、

あんたの「今日」はいつなんだ?
今日なのか、明日なのか、それとも一週間後なのか?
答えろ!

と、問い詰めてみたものの、相手は屁とも思わない様子。
ひたすら「今日やります」を繰り返すだけ。

これがフィリピン。

とにかく時間にルーズ。

例えば待ち合わせ時間に1時間遅れるなんて当たり前。

下手をすると2時間、3時間、最後の最後には今起きたので今日は行けないなんてこともたまにあったりする。

でもね…ここで怒っちゃいけません。

これが、こっちでは当たり前の「常識」なんです。

ここで腹を立てていると、体がいくつあっても持ちません。

ただ、考えてみますと、日本人はすべてにおいて厳格過ぎるきらいがあります。
この、世界でも類まれなる厳格さで、経済はもとより多くの面で世界のトップクラスに成長したことは事実です。

正直、私も最初は毎日イライラしていました。

が、ある日考え直すことにしたんです。

郷に入れば郷に従えではありませんが、イライラしたところで何ら効果があるわけではなく、少し待てばいいだけのこと。
「いつかはやってくれるだろう」と考え、常にそれを許容することでずいぶん楽になりました。

逆に少しも待つことができない、ちょっとしたミスも許さない日本人っていったい何なんだろうと思うように。

性格から角がとれて丸くなれたかもしれませんね(笑)

何十年も厳格な日本で働いてきた方こそ、こういう世界に身を投じてみるのもいいかもしれません。
残りの人生が楽になるかもしれませんよ!

Leave a reply

*
*
* (公開されません)